10年目の点検を施工会社以外に依頼するメリットとデメリット

塗り替えコラム

私が住宅営業をしていたころ、築10年目のお施主様から「そろそろどこか点検した方がいいですか?」という問い合わせがありました。しかも複数件。

こちらから点検のご提案をする前にお施主様の方から申し出があるぐらい、皆様10年目という節目を大事にされています。ご自分の家に愛着を持っておられる証拠ですね。

家は10~15年ぐらいでいろいろと不具合が出始めます。よい家をメンテナンスしながら長持ちさせたい方には、10年ごとの点検がおすすめです。

たいてい、どこの住宅会社も点検ぐらい無料でしてくれると思いますので、是非コンディションを確認してもらいましょう。

よい家に住み続けるには、10年ごとの点検を!

10年ごとに、こんなところの点検をおすすめします。

点検箇所

10年点検を第三者に依頼するメリットとデメリット

新築後10年目は、ほぼ全ての保証が切れるころです。ハウスメーカーでは10年経った物件のカルテを「アフターメンテナンス担当部署」から「リフォーム担当部署」へと移す場合もあります。

モラルの低いリフォーム営業さんに、施工不良で出てきた問題をさも経年劣化のように言われ修繕を勧められても面白くないので、しっかり10年目の点検をしておく方がよいです。

最近では、有料で家屋の点検をしてくれる会社や建築士事務所があります。

施工会社と利害関係のない第三者に頼むと、厳しく建物の現状をチェックしてくれます。施工会社が気づかなかったり、隠したりしていることも明るみに出ます。

修繕が必要なところがみつかった場合の対処方法

修繕が必要なところがみつかった場合、施工会社以外の業者に施工を頼むと以後の保証やアフターメンテナンスが受けられなくなる場合があります。

修繕が必要になった原因が施工不良の場合は、施工会社に直してもらうか、話し合いのうえ第三者に直してもらい費用を施工会社に負担してもらいます。

経年による自然な劣化や老朽化だった場合は、施工会社に点検会社からの指摘事項を伝えて修繕工事の見積もりをしてもらいます。

tenkennagare

メリットとデメリット

第三者に10年点検を依頼するメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット ・厳しくチェックしてもらえる
・10年点検の無い施工会社の場合おすすめ
・質問しやすい
デメリット ・有料
・自分で手配するので対応手間が増える
・施工会社とのやりとりが大変になるかも

マイホームは大事な財産です。第三者に点検を頼むと面倒くさいことも出てくるかもしれませんが、しっかり納得いく点検をしてもらう方がメリットは大きいです。

保証やアフターメンテナンスと関係ないような修繕工事なら、施工会社とは別の業者に依頼しても問題ないと思います。

ただし、修繕やリフォーム工事は複数業者から見積もりを取ることが必須です。各社の内容や値段を比較して、安心できる業者に依頼することが大切です。

 屋根・外壁塗装の見積を安くする方法

外壁や屋根の塗り替えをする時は、複数社見積もりが必須です(おすすめは3社以上)。

比較検討することで工事内容と価格、両方合理的な提案をしてくれる会社を見つけることができます。

すでに業者から見積もりをとった方は見積もりの項目の意味がわからない・妥当な価格なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

まずは見積もり事例を参考にして、価格が適正なのか判断してみてください。

参考:【外壁塗装の見積もり事例】単価の相場や問題点を解説

ここでは見積もり事例を見ながら問題点や価格相場について解説しています。

複数社見積もり依頼はネットで一括見積サイトから申し込む方法が便利です。
たった30秒で外壁塗装の相場がわかります。

おすすめポイント

  • ・無料で複数社に一括見積を依頼できる
  • ・サイト運営会社が登録塗装会社を審査、選別している
  • ・サイト運営会社が要望を確認したうえで適切な業者を紹介してくれる
  • ・街中、塗装会社を探し回る手間が省ける
  • ・頼まなかった業者へのお断り代行サービスがある

一括見積もりで安くなった事例1 一括見積もりで安くなった事例2

その他、一括見積利用者の声が多数掲載されていて参考になります。

関連記事

チラシの業者

チラシの業者は大丈夫?色数や折込方法で分かる4分類

チラシを打ってくるリフォーム業者は、良い会社も悪い会社も、大きい会社も小さい会社も玉石混交です。任せて大丈夫かどうか、何とも言...

記事を読む

DIY

DIYや日曜大工で屋根や外壁の塗装をできるか?

DIYは男のロマンです(ペン美は女ですけど)。自分の家のメンテナンスを自分で器用にされる方ってカッコいいです。 私が...

記事を読む