DIYや日曜大工で屋根や外壁の塗装をできるか?

塗り替えコラム

DIYは男のロマンです(ペン美は女ですけど)。自分の家のメンテナンスを自分で器用にされる方ってカッコいいです。

私が住宅営業をしていたころ担当したお客様にもDIYや日曜大工が得意な方がたくさんおられました。しかし、外壁や屋根の塗装を自分でやったというのはあまり聞いたことがありません。

規模にもよりますが、外壁や屋根の塗替えは工事業者に頼めば2週間程度でやってくれます。そばで見てると要領よく簡単にやってるように見えますが、かなりの手間がかかる作業です。

特に塗る前の準備(足場設置、シーリング打ち替え、高圧洗浄、養生など)は相当根気と丁寧さを要求されます。

taihen

sanko施主も知っておきたい塗り替え工事の流れ!見積依頼から完了まで

もし、DIYで外壁塗装をしようと思われたら、ブログやホームページを作ってDIY外壁塗装を公開してる人がいるので、一回見てみることをおすすめします。

DIYで屋根や外壁塗装をするメリット
☑ 手間代がうく
☑ 達成感がある
☑ 塗装の知識が増える

DIYで屋根や外壁塗装をするデメリット
☑ 材料買出し、足場設置、養生など準備が大変
☑ 下塗り、中塗り、上塗りなど塗装作業が大変
☑ 足場解体、材料や道具処分など片付けが大変
☑ 塗装の知識がないと施工不良になるかもしれない
☑ 器用じゃないと出来栄えが悪いかもしれない
☑ 高所作業があるので危険
☑ 近隣への配慮が面倒(挨拶、粗品、工程のお知らせ)
☑ 時間がかかる

外壁や屋根の塗り替えに関しては、にわか仕込みのDIYはあまりおすすめできません。お金を節約したいという理由だけでやるのは安易過ぎます。

仕上がりが悪くて結局雨水が浸入したり、高所から転落してケガでもしたら、楽しいはずのDIYも台無しです。

それなら、相見積で安いところに頼む方が絶対いいように思います。

DIYで塗り替えは難しい!業者に相談が吉。

どうしても自分で外壁塗装したいときは業者さんに相談

どうしても自分で外壁を塗りたいのであれば、大半を業者さんに任せて素人でもできるところを塗装させてもらう方法はいかがでしょうか。

問題が起こったときの責任があいまいになるので、材料の施主支給(材料を施主が購入して準備する)や施主工事を嫌がる業者さんも多いですが、気のよい業者さんなら相談に乗ってくれると思います。

コストダウンは期待できないですが、記念にはなると思います。

複数者に見積もりを依頼して、安くて、誠実で、合理的な工事をしてくれる業者さんを選ぶとよいです。

 屋根・外壁塗装の見積を安くする方法

外壁や屋根の塗り替えをする時は、複数社見積もりが必須です(おすすめは3社以上)。

比較検討することで工事内容と価格、両方合理的な提案をしてくれる会社を見つけることができます。

すでに業者から見積もりをとった方は見積もりの項目の意味がわからない・妥当な価格なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

まずは見積もり事例を参考にして、価格が適正なのか判断してみてください。

参考:【外壁塗装の見積もり事例】単価の相場や問題点を解説

ここでは見積もり事例を見ながら問題点や価格相場について解説しています。

複数社見積もり依頼はネットで一括見積サイトから申し込む方法が便利です。
たった30秒で外壁塗装の相場がわかります。

おすすめポイント

  • ・無料で複数社に一括見積を依頼できる
  • ・サイト運営会社が登録塗装会社を審査、選別している
  • ・サイト運営会社が要望を確認したうえで適切な業者を紹介してくれる
  • ・街中、塗装会社を探し回る手間が省ける
  • ・頼まなかった業者へのお断り代行サービスがある

一括見積もりで安くなった事例1 一括見積もりで安くなった事例2

その他、一括見積利用者の声が多数掲載されていて参考になります。

関連記事

10年点検

10年目の点検を施工会社以外に依頼するメリットとデメリット

私が住宅営業をしていたころ、築10年目のお施主様から「そろそろどこか点検した方がいいですか?」という問い合わせがありました。し...

記事を読む

チラシの業者

チラシの業者は大丈夫?色数や折込方法で分かる4分類

チラシを打ってくるリフォーム業者は、良い会社も悪い会社も、大きい会社も小さい会社も玉石混交です。任せて大丈夫かどうか、何とも言...

記事を読む