屋根や外壁の塗装工事で「だまされた!」が後を絶たない原因

新築の着工数は1972年ごろをピークに、徐々に右肩下がりの傾向にあります。

最近では、たくさんの住宅工事関連会社が主戦場を新築からリフォームへとシフトしていて、改修・改装工事に関しては経験が浅い会社も出てきています。

 新築着工数は減少

住まいのリフォームは、どこを直すかを問わず全般的にややこしい工事が多いです。新築と違い、個別の状況に合わせて施工するため手間と時間がかかります。

施工会社からすると非効率・低収益になりやすいうえに、着工前には想定できなかった工事が発生し利益を圧迫することもあります。

リフォーム工事業界の「あるある!」
☑ 改修・改装工事に関して「にわか仕込み」の会社が増えた
☑ 非効率・低収益になりやすいうえに、想定外の工事が利益を圧迫する

というような状況ですが、外壁や屋根の塗装は、決められた塗料を決められた順番で塗っていくため、リフォーム工事の中では作業の標準化がしやすい方で、利益予算がブレにくいです。

つまり、施工会社からすると、外壁や屋根の塗り替えは他のリフォーム工事に比べ邪魔臭いことが少ない、安定した利益を見込める工事なのです。

riform

こういう状況が、不誠実な会社や未熟な業者を呼び込む下地になっているのかもしれません。

外壁塗装工事の良し悪しが分かるのは数年後

外壁塗装工事は工事完了直後にお施主様に仕上がり確認をしていただいても、やり直しや補修が出にくいです。こういう状況を業界では「手離れがよい」と言います。

ところが、施主にとってはやっかいなことに、塗り替えの施工不良は、数年してから出てきます。

「外壁を塗り替えて2~3年しか経ってないのに、塗装面が膨らんできたり剥がれ落ちたりする!」(#`Д´)

その原因のほとんどは、塗装前にちゃんとサビを落とせていなかったり、洗浄が足りていなかったりといった施工上のミスです。

imagee

こういう手離れがよく、直ぐに不良が出てこない状況は、モラルの低い業者による手抜き工事を招きやすいです。

過当競争による薄利で手抜き工事される

建築業界全体が新築からリフォームへ移行していくなかで、比較的手離れがよく安定した利益を見込める外壁や屋根の塗装工事は、上手な業者も下手な業者も多数入り混じった乱立状態にあります。

過当競争

また、塗装の技術は個人に蓄積されていくもので、設備投資も比較的少ないことから独立する職人さんも多く、これも乱立の要因になっています。

塗装会社は、ほぼ9割近くが零細企業や個人事業主で2~3万社ぐらいあると言われますが、塗装工事は会社のオリジナリティーを出しにくいため、多くの会社が値下げ競争に巻き込まれています。

こういう状況では、費用節約のために作業を省略してしまう不道徳な業者が出てきても不思議ではありません。

悪徳業者にだまされないために必要な自助努力

モラルの低い業者に手抜きされたり悪徳業者にだまされたりするのは、以下のことが原因になっていると思います。

手抜きや詐欺工事が起こる原因
☑ 工事内容が一般人には分かりづらい
☑ 見積書を見ても一般人には馴染みのない項目が並んでいる
☑ 分からないことを放置したまま工事が進む
☑ 外観を良くしたいという悩みにつけこまれる
☑ 施工不良の症状が数年経ってから出てくる
☑ 過当競争により薄利で請け負う業者が増えた

手抜き工事や詐欺から身を守るには、外壁塗装に関する最低限の知識を身につけ、工事中も業者さんに任せきりにせず、要所要所でチェックしていくような自助努力が欠かせません。

手抜き

そして、何より大切なことは、1社とのみ話をするのではなく、複数社に相見積を依頼することです。

以下の点に注意し、各社の対応を比較検討することで、かなり失敗リスクを減らせると思います。

相見積で比較したいポイント
☑ 説明が分かりやすく、アドバイスの質がよいか
☑ 見積書の項目をちゃんと理解できるように説明してくれるか
☑ こちらからの質問にちゃんと答えてくれるか
☑ 契約を急がせないか
☑ アフターメンテナンスもちゃんと対応してくれるのか
☑ 見積が高過ぎたり安過ぎたりしないか

poinnt

 屋根・外壁塗装の見積を安くする方法

外壁や屋根の塗り替えをする時は、複数社見積もりが必須です(おすすめは3社以上)。

比較検討することで工事内容と価格、両方合理的な提案をしてくれる会社を見つけることができます。

すでに業者から見積もりをとった方は見積もりの項目の意味がわからない・妥当な価格なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

まずは見積もり事例を参考にして、価格が適正なのか判断してみてください。

参考:【外壁塗装の見積もり事例】単価の相場や問題点を解説

ここでは見積もり事例を見ながら問題点や価格相場について解説しています。

複数社見積もり依頼はネットで一括見積サイトから申し込む方法が便利です。
たった30秒で外壁塗装の相場がわかります。

おすすめポイント

  • ・無料で複数社に一括見積を依頼できる
  • ・サイト運営会社が登録塗装会社を審査、選別している
  • ・サイト運営会社が要望を確認したうえで適切な業者を紹介してくれる
  • ・街中、塗装会社を探し回る手間が省ける
  • ・頼まなかった業者へのお断り代行サービスがある

一括見積もりで安くなった事例1 一括見積もりで安くなった事例2

その他、一括見積利用者の声が多数掲載されていて参考になります。

関連記事

ill03

突然来る外壁塗装業者に注意!飛び込み営業の対応方法7つ

建築に関わる業界は、仕事をいただけそうなお宅を訪問して回ったり、持っているリストのお客様に電話しまくったりする会社がたくさんあ...

記事を読む

ill02

リフォーム詐欺の手口と悪徳業者にだまされないためのポイント

5年間建築会社で営業をしていたとき、悪質な業者にずさんな工事をされてしまった方を何人か見ました。 中には復旧に数百万...

記事を読む

クーリングオフ

外壁塗装で多発する悪徳業者の契約をクーリングオフで断る方法

知らない業者が突然やって来て、必要ない工事を無理やり契約させられたら、【クーリングオフ制度】を使って契約を解除できます。 ...

記事を読む

ill17

塗り替え工事でよくあるトラブル事例と回避策

悪質な業者は施主を騙して工事に見合わない費用を取ることが目的なので、トラブル回避には手口を知り騙されないように注意することが大...

記事を読む