外壁塗装で多発する悪徳業者の契約をクーリングオフで断る方法

知らない業者が突然やって来て、必要ない工事を無理やり契約させられたら、【クーリングオフ制度】を使って契約を解除できます。

不意打ちのように来る外壁塗り替えの訪問販売では、ゆっくり考える間も無く契約させられるケースがあります。

中には、消費者が外壁塗装について詳しくないのをいいことに、いいかげんで事実と違う説明をし、強引に工事を進めて手抜きをしたうえ、問題が出てきたら逃げ回る業者もいます。

クーリングオフ

そこで、冷静になってもう一度考える期間として、特定商取引法ではクーリングオフという制度を設けています。

ただし、クーリングオフを利用して契約解除の通知ができる期間は、契約の内容を記載した書面の交付が消費者になされた日から8日目までです。

クーリングオフ期間について
☑ クーリングオフ期間の日数は、法定書面を受領した日を含む8日間
☑ 契約解除の通知書を期間内に発信すればいい
☑ 相手に通知書が届くのは期限後でも構わない

例えば、以下のような場合はクーリングオフの期間が延長され、改めてクーリングオフに関する記載をした書面を交付し、説明した時からクーリング・オフ期限が設定されます。

クーリングオフ期間が延長される場合
☑ 業者がクーリングオフを妨害した
☑ 業者が「クーリングオフ対象外」「使えない」などとウソをついた
☑ クーリングオフに関する事項を赤文字で記載した書面を発行しなかった

クーリングオフにより契約の解除通知を決められた期間内に発信すれば、発信した時点で契約は最初からなかったものになります。

クーリングオフの効果
☑ 業者は解約手数料等の一切の金銭の請求をすることができない
☑ 消費者はどのような名目であれ金銭を払う必要がない
☑ すでに払った工事代金は返金される
☑ 工事完了後でも無料で元の状態に戻すよう業者に請求できる

クーリングオフにより契約解除を通知する場合は、郵便局の特定記録内容証明などを利用し、送った証拠が残るようにします。

kaiyaku

クーリングオフのポイント
☑ クーリングオフは必ず書面で行う(超重要!)
☑ クーリングオフができる期間内に通知する(超重要!)
☑ クレジット契約をしている場合は、工事業者と信販会社に通知する
☑ 必ずはがきのコピーを取り保管する(両面)
☑ 特定記録郵便または簡易書留で送付する

sanko通知はがきの記載内容例(国民生活センター)

クーリングオフは大変!そうならないように業者選定しよう

ここまで読んでいただくと分かるとおり、クーリングオフは短期間に行動力と精神力のいる作業をする必要があります。

また、施工業者が悪質だったと気付くのは数年後ということもあり得ます。そうならないためには、業者を選定するときがとても大事なタイミングになります。

1社の言うことだけを聞いていると危険です。必ず複数の業者に見積もりを依頼して、説明や工事の内容を比較検討してから契約しましょう。

 屋根・外壁塗装の見積を安くする方法

外壁や屋根の塗り替えをする時は、複数社見積もりが必須です(おすすめは3社以上)。

比較検討することで工事内容と価格、両方合理的な提案をしてくれる会社を見つけることができます。

すでに業者から見積もりをとった方は見積もりの項目の意味がわからない・妥当な価格なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

まずは見積もり事例を参考にして、価格が適正なのか判断してみてください。

参考:【外壁塗装の見積もり事例】単価の相場や問題点を解説

ここでは見積もり事例を見ながら問題点や価格相場について解説しています。

複数社見積もり依頼はネットで一括見積サイトから申し込む方法が便利です。
たった30秒で外壁塗装の相場がわかります。

おすすめポイント

  • ・無料で複数社に一括見積を依頼できる
  • ・サイト運営会社が登録塗装会社を審査、選別している
  • ・サイト運営会社が要望を確認したうえで適切な業者を紹介してくれる
  • ・街中、塗装会社を探し回る手間が省ける
  • ・頼まなかった業者へのお断り代行サービスがある

一括見積もりで安くなった事例1 一括見積もりで安くなった事例2

その他、一括見積利用者の声が多数掲載されていて参考になります。

関連記事

ill03

突然来る外壁塗装業者に注意!飛び込み営業の対応方法7つ

建築に関わる業界は、仕事をいただけそうなお宅を訪問して回ったり、持っているリストのお客様に電話しまくったりする会社がたくさんあ...

記事を読む

ill17

塗り替え工事でよくあるトラブル事例と回避策

悪質な業者は施主を騙して工事に見合わない費用を取ることが目的なので、トラブル回避には手口を知り騙されないように注意することが大...

記事を読む

ill09

屋根や外壁の塗装工事で「だまされた!」が後を絶たない原因

新築の着工数は1972年ごろをピークに、徐々に右肩下がりの傾向にあります。 最近では、たくさんの住宅工事関連会社が主...

記事を読む

ill02

リフォーム詐欺の手口と悪徳業者にだまされないためのポイント

5年間建築会社で営業をしていたとき、悪質な業者にずさんな工事をされてしまった方を何人か見ました。 中には復旧に数百万...

記事を読む