塗り替え時期の目安になる外壁老朽化8つの症状

塗り替えについて

外壁塗装の悪徳訪問販売業者は、あなたの家の劣化を見逃しません!見つかったら最後、インターホンを鳴らしてここぞとばかりに営業トークを開始してきます。突然のことで心の準備もできないまま、「雨漏りして家が腐りますよ」などと不安を煽られたあなたは、弱みに付け込まれて一気に契約までもっていかれます。

訪問販売

もし、あなたが強い精神力の持ち主で、訪問販売業者を追い返すことができたとしても、本当に劣化が進行していて適切な対策が必要だった場合、放置したことで後日多額の修繕費がかかるかもしれません。

reka

大切なことは、正確に外壁のコンディションを知り、適切な時期に、誠実な業者にお願いして、正しい対処をすることです。以下は主な外壁の劣化症状です。まずは、我が家をチェックしてみましょう。

危険度1
汚れ
塗膜乾燥後、ホコリやゴミ、雨だれの跡などで汚れた状態。美観が悪くなり始める。
kabe3-150x150
変退色
太陽光に当たりやすい面から色あせが始まり、鮮やかさが無くなり始めます。
藻・カビ
表面がざらついた北側の外壁面に発生しやすく、美観を著しく損ないます。
危険度2
チョーキング
手で外壁を撫でると白い粉が付く状態。塗装の機能が無くなっています。
kabe-150x150
塗膜面の浮き
塗膜の付着力が衰え、水や空気を通しやすくなっています。
危険度3
塗膜面の割れ
硬く、脆くなった塗膜が伸縮に耐えられず割れてきた状態です。
塗膜面の剥がれ
塗膜面の割れが更にすすむと剥がれてきます。雨水が下地に直接当たり損傷の原因になります。
危険度4
ひび割れ(クラック)
下地が損傷しひび割れまで起こした状態です。建物内部へ雨水が侵入し腐朽や白蟻被害をもたらします。
kabe2-150x150

yogore
危険度1は美観が損なわれ始めたレベルです。汚れを落としたり、油分・水分の除去などのメンテナンスをすることで塗膜面の損傷を抑え寿命を延ばすことができます。

amamizu
危険度2~3は塗料の機能が損なわれ始めたレベルです。雨水が内部へ進入し始めますので塗り替えを検討する時期です

kanzenn
危険度4では完全に雨水が進入しているので、下地が腐食する前に至急メンテナンスが必要です

もし、あなたが「我が家をメンテナンスしながら長持ちさせたい」と考えるのであれば、適時外壁塗装を行うことをおすすめします。下地や構造を傷めてしまうと、家の寿命が短くなるだけでなく、場合によっては修繕コストも数百万円跳ね上がります。

外壁のコンディションをセルフチェックしてみて気になった場合は、業者に診断を依頼してプロの目で見てもらい、必要な補修見積を出してもらいましょう。その際、必ず複数社に依頼して比較することが大切です。比較することで適切な工事内容や金額が見えてきます。

sindan

 屋根・外壁塗装の見積を安くする方法

外壁や屋根の塗り替えをする時は、複数社見積もりが必須です(おすすめは3社以上)。

比較検討することで工事内容と価格、両方合理的な提案をしてくれる会社を見つけることができます。

すでに業者から見積もりをとった方は見積もりの項目の意味がわからない・妥当な価格なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

まずは見積もり事例を参考にして、価格が適正なのか判断してみてください。

参考:【外壁塗装の見積もり事例】単価の相場や問題点を解説

ここでは見積もり事例を見ながら問題点や価格相場について解説しています。

複数社見積もり依頼はネットで一括見積サイトから申し込む方法が便利です。
たった30秒で外壁塗装の相場がわかります。

おすすめポイント

  • ・無料で複数社に一括見積を依頼できる
  • ・サイト運営会社が登録塗装会社を審査、選別している
  • ・サイト運営会社が要望を確認したうえで適切な業者を紹介してくれる
  • ・街中、塗装会社を探し回る手間が省ける
  • ・頼まなかった業者へのお断り代行サービスがある

一括見積もりで安くなった事例1 一括見積もりで安くなった事例2

その他、一括見積利用者の声が多数掲載されていて参考になります。

関連記事

saikuru

外壁や屋根の塗り替え時期は10年に一度?

「外壁や屋根の塗り替えは、10年サイクル」と言われます。 実際には、外壁や塗料の種類によりメンテナンスのタイミングが...

記事を読む

coomn

施主も知っておきたい外壁塗装の流れ!見積依頼から完了まで

一般的な屋根や外壁の塗装工事は2週間程度で終わりますが、家の規模や下地調整の期間によって日数が変わります。 打合せ期...

記事を読む

コメント